【3Dプリンタ】熱溶解積層方式(FDM)とは 特徴を解説

3Dプリンタ

熱溶解積層方式とは3Dプリンタの造形方法のひとつで、PLAなどの固形樹脂を熱で溶かし、ノズルで一層ずつ重ねていく方法です。FMD方式とも呼ばれます。

一般的な造形の流れ
  1. データを用意
     3DCADなどを用いてSTLデータを製作またはダウンロードします。
  2. データを3Dプリント用に編集
     スライサー(ソフト)でサポート材の追加、出力の設定をする。
  3. 造形開始
     熱くなったノズルから溶けた樹脂が出てきて、一層ずつ造形していきます。
  4. 造形物をプラットフォームからはがす
  5. サポート材の除去
     ニッパーなどを使ってサポート材を除去します。
  6. 完成!
長所
  • 低価格で本体を購入できるものが多い
  • 様々な材質で造形できる
  • 比較的大きいものを造形できる
  • カラーバリエーションが豊富
短所
  • 造形物に積層痕が残りやすい
  • 寸法精度が低い
熱溶解積層方式に対応した主な材質
  • PLA
  • ABS
  • PC(ポリカ)
  • TPU
  • PET、PETG
  • ステンレス  など

※造形可能な材質は機種、メーカーによって異なります。 

光造形方式との比較
材料積層方法精度表面の仕上がり熱収縮
熱溶解積層方式(FDM)熱可塑性樹脂熱による溶解と自然硬化低い積層痕ありあり
光造形方式(SLA)光硬化性樹脂光による硬化高い滑らかなし