アルミ

金属材料

【アルミ材料】A6061とは?A6063、A5052との違いや特徴、使い分けなどを解説

A6061は、アルミ(Al)とマグネシウム(Mg)とシリコン(Si)との合金です。アルミ合金の中で特に耐食性に優れています。時効によってかなり高い耐力値を得られますが、溶接性に劣ります。 化学成分(%) 引張強さ(N/mm2)...
金属材料

【アルミ材料】A5083とは?耐食性と溶接性に富むA5083の特徴や性質、A5052との違いなどを解説

JIS H 4000をもとに筆者作成 A5083は、アルミ(Al)とマグネシウム(Mg)との合金です。5000番系アルミ合金において最も強度に優れており、耐食性と溶接性も良好です。ちなみに、A5083Pと記載のあるものはP=プレート...
材料・処理知識

アルミーゴHardとは?大同DMソリューションのA7075系の高硬度アルミ合金

アルミーゴhardは大同DMソリューションが提供するA7075系のアルミ合金です。引張強さは650N/mm2で炭素鋼のS50Cを上回ります。 アルミーゴhardを使用するメリット 切削、研削加工時間が短縮できる 切削性に優れる...
金属材料

ANP79とは?A7000系アルミ合金のブランド鋼について説明

A7000系(Al-Mg-Zn-Cu)の合金で、JIS規格のA7075に近いアルミ合金材料です。S15Cを超える硬度で、切削性は10倍優れます。A7075よりも機械的特性の均一性に優れており、内部応力が軽減されているため加工歪みが少ない特...
材料・処理知識

YH52とは?白銅が開発したA5052系の高精度アルミプレート

YH52の特徴 YH52は、白銅(株)が開発したA5052系のアルミ合金です。JIS規格の約1/10の板厚精度、1/20の平面度を誇る高精度なプレートです。さらに残留応力を低減しているので、加工歪みが少ないです。 A5052と...
金属材料

【アルミ合金】YH75とは?白銅が開発したA7000系アルミ合金の性質や特徴を解説

YH75特性 YH75は白銅(株)が開発したアルミ合金です。S55Cと同程度の強度を備えつつ、3倍の加工性・熱伝導性を誇ります。また、T651処理により加工歪みも抑制されております。JIS規格に置き換えるとA7000系(Al-Zn-...
金属材料

【アルミ材料】A5056とは?A5056の特徴や性質、A5052との違いなどを解説

A5056は、アルミ(Al)とマグネシウム(Mg)との合金です。アルミ合金の中で非常に加工がしやすく汎用性が高いので、アルミ棒材として広く使われている材料です。 A5056 特徴 5000系(Al+Mg)のアルミ合金 A...
材料・処理知識

【材料を学ぶ Part2-1】アルミ合金の種類 アルミ合金の特徴や選定方法を解説

今回は非鉄金属の中でも非常に多く使用されているアルミ合金について詳細を解説していきます。アルミ合金にも様々な種類があるので、どのような基準で選定していけばよいのか、複数の視点からみていきましょう。 アルミ合金の全体像 ...
金属材料

【アルミ材料】アルハイスⓇとは A5052との違い、特徴や性質を解説

アルミ合金の中でも最も多く使われているA5052について説明しています。
金属材料

【アルミ合金】A1100とは 特徴や性質を解説

A1100はアルミニウム合金の中でもアルミ純度が高く99%以上となっております。 A1100 特徴 1000番台のアルミは純度が高いため、アルミニウム自体の特徴が顕著に表れます。強度は低いですが、熱伝導性・耐食性・加工性などに...