機械加工・図面知識

【部品】ねじインサート、ヘリサートとは 種類や特徴、用途、ヘリコイルやエンザート、スプリューなどの呼称の違いを解説

ねじインサートとは、埋込み型のタップ穴(めねじ)のことです。金属(主にステンレスや黄銅)でできたインサートを埋込むことによって、アルミや樹脂部品などネジ穴の強度が低い材料の弱点を補うことができます。また、破損したねじ穴の補修にも使われる場...
機械加工・図面知識

【3Dプリンタを学ぶ】1. 3Dプリンタとは 3Dプリンタの種類や特徴、全体像を解説

3Dプリンタは今や個人で使えるほどに低価格化、メーカーの新規参入が進んでいる分野で、ものづくりの新たな可能性を秘めております。3Dプリンタは想像したものを形にすることができます。そんな3Dプリンタにも様々な種類、造形方法が存在しま...
機械加工・図面知識

【機械図面を学ぶ】1.機械図面の全体像 図面の規格や表現方法などを解説

図面とは「ものや建築物の構造を設計したもの」です。もしも図面がなければモノをつくることは難しいでしょう。世に出回る製品のパーツの多くはこの機械図面の部品図からできており、組立図によって組み上げられております。図面というと「電気回路...
機械加工・図面知識

【機械加工を学ぶ】1.機械加工の全体像 切削加工や研削加工など、加工の種類や特徴を解説

ものづくりの分野において、機械加工というと何を思い浮かべるでしょうか。機械加工とは「工作機械を用いて材料を加工すること」全てを指します。機械を使った加工には様々な方法が存在し、材料や加工したい形状に合わせて選択していく必要がありま...
機械加工・図面知識

【機械加工】放電加工・ワイヤーカットとは 特徴、メリット、デメリットを解説

放電加工とは 放電加工とは電気エネルギーを利用し、電極と加工液を介して火花を発生させ、加工物を溶融・蒸発させる除去加工です。EDM(Electrical Discharge Machine)とも呼ばれます。主に金型など、切削...
機械加工・図面知識

【機械加工】6F材(6面フライス)、4F材(4面フライス)とは 意味や特徴を解説 

6Fとは、立方体の材料(角物)の仕上げを表す言葉のひとつで「立方体の6面全てをフライス加工」することを指します。そして「既に6Fが施された材料」を6F材と呼びます。それに対し4F材は「上下面を除いた側面4面」をフライスで仕上げた材料の事を...
機械加工・図面知識

【機械加工を学ぶ】2.旋盤・旋盤加工とは 特徴や加工の種類を解説

旋盤加工とは 旋盤加工とは、チャックと呼ばれる固定具に工作物を装着し回転させ、固定した刃物(バイト)にあてて削っていく加工方法です。英語ではレース(lathe)加工とも呼ばれます。主に丸いもの(丸物)を加工するのに用いられま...
機械加工・図面知識

【機械加工を学ぶ】3.フライス加工とは フライス盤の種類、特徴について解説

フライス加工とは 金属や樹脂を穴あけ、切断・加工する方法としてフライス加工という方法があります。フライス加工とは、材料をバイス(万力)などで固定し、回転軸に取り付けた切削工具(フライス)で削っていく加工方法です。主に四角いもの(角物...
機械加工・図面知識

【用語集】HR,HRC(ロックウェル硬さ) とは金属の硬度測定方法について解説

ロックウェル硬さとは「材料の硬度を表す尺度のひとつ」です。工業的に広く普及している硬さの計測方法です。圧子を一定の荷重で対象物(材料)に押し付けた時にできる"くぼみ"の深さから硬度を算出し、その単位を"HR"と呼びます。ロックウェルでは、...
機械加工・図面知識

【機械加工】面取りとは 糸面取り・C面取りなどについて解説

機械加工における面取りとは「部品の角部をR(丸)や45°の形状に削る」加工です。 面取りの種類 上記は一例です。一番左は面取りが無い状態で、角が尖っているため触ると怪我をしてしまいます。 C面取り 最も一般的な面...