【3Dプリンタ】光造形方式(SLA)とは 特徴やメリット、デメリットを解説

3Dプリンタ

光造形方式とは3Dプリンタの造形方法のひとつで、レジンなどの液状の光硬化性樹脂を紫外線レーザーよって一層ずつ硬化させていく方法です。SLA方式とも呼ばれます。
造形終了後には、表面に残った未硬化樹脂を有機溶剤などで洗浄する必要があります。

一般的な造形の流れ
  1. データを用意
     3DCADなどを用いてSTLデータを製作またはダウンロードします。
  2. データを3Dプリント用に編集
     スライサー(ソフト)でサポート材の追加、出力の設定をする。
  3. 造形開始
     液体樹脂のプールに紫外線を照射し、造形していきます。
  4. 造形物の洗浄
     造形物の表面には未硬化層が残りますので、アルコールや有機溶剤で洗浄します。
  5. 2次硬化(必要な場合)
     乾燥後に紫外線ランプなどで2次硬化を行います。この作業により、層と層の間にある完全に硬化されていない部分を硬化させます。(この作業が必要のない機種や樹脂もあります)
  6. サポート材の除去
     ニッパーなどを使ってサポート材を除去します。
  7. 完成!
長所
  • 複雑な形状も綺麗に造形できる
  • 表面が非常に滑らか
  • 透明度の高い造形も可能
  • 熱収縮による変形がない
短所
  • 量産に不向き
  • 造形後に手間がかかる
     アルコールや有機溶剤での洗浄や、場合によっては2次硬化が必要になります。
  • 材料の単価が比較的高い
光造形方式との比較
材料積層方法精度表面の仕上がり熱収縮材料費
熱溶解積層方式(FDM)熱可塑性樹脂熱溶解と自然硬化低い積層痕ありあり比較的安価
光造形方式(SLA)光硬化性樹脂光による硬化高い滑らかなし少し高価