プリハードン鋼

プリハードン鋼

GO40Fとは?プリハードン鋼のGO40Fについて解説

GO40Fは大同特殊鋼(株)が開発したプリハードン鋼です。ダイプレートなどの金型部品として主に使用されます。化学成分は記載されていませんが、Cr-Mo-V系の合金です。プリハードン鋼とは? → プリハードン鋼 GO40Fの特徴 ...
プリハードン鋼

P21とは?ASTM規格の金属材料であるP21についてHPM1やNAK55との違いや成分を解説

P21とは析出硬化系のプリハードン鋼で、JIS規格ではなくASTM(米国試験材料協会)規格の材料です。日本のJIS規格において同等の規格はありません。ブランド鋼であるNAK55やHPM1は、このP21改良系の材料です。プリハードン鋼とは?...
プリハードン鋼

【プリハードン鋼】PXA30とは?P20やPX5との違い、特徴などを解説

PXA30 特徴 PXA30(ピーエックスエース)は大同特殊鋼が開発したプリハードン鋼です。同社の「P20改良鋼」をベースに磨き性などを改良し、開発された材料です。納入硬度はHRC30~33程度です。プリハードン鋼とは? →...
プリハードン鋼

【ステンレス系】STAVAX(スターバックス材)とは 特徴、性質など解説

STAVAXは、スウェーデンのウッデホルム社が開発した精密プラスチック金型用の鉄鋼です。マルテンサイト系のステンレス合金で、SUS420J2の改良鋼に分類されます。 STAVAX 特徴 STAVAXはマルテンサイト系ステンレス...
プリハードン鋼

HPM1とは? プリハードン鋼であるHPM1の特徴、性質やNAK55との違いなど解説

HPM1は、日立金属工具鋼(株)の汎用金型用鋼です。HRCが40程度あるプリハードン鋼で切削性に優れております。日立のハイピーエムシリーズなので「ハイピーエム」とも呼ばれます。プリハードン鋼とは? → プリハードン鋼について HPM...
プリハードン鋼

【プリハードン鋼】NAK55とは?時効硬化系合金であるNAK材の特徴、性質など解説

NAK55は、大同特殊鋼のプラスチック金型用鋼です。HRCが40程度あるプリハードン鋼のため、加工後の焼き入れ処理などが不要です。”ナック材”とも呼ばれます。プリハードン鋼とは? → プリハードン鋼 NAK55 特徴 Ni-A...