【3Dプリンタフィラメント】TPUとは?柔軟性のある材料TPUの特徴などを解説

フィラメント

TPUとはThermoplastic Polyurethane(熱可塑性ポリウレタン)のことで、柔軟性と耐久性に優れた材質です。振動減衰や衝撃吸収、優れた伸縮率など、他のフィラメントとは異なる特性を持ったフィラメントです。

TPUは透明性があり、カラーバリエーションも豊富に存在します。

TPUフィラメント使用時の一般的な設定

ノズル温度:210-230℃
プラットフォーム:0-60℃
エンクロージャー:密封しないでよい
冷却ファン:ON
充填速度:20-30mm/s程度がおすすめ
      (PLAなどを造形する時の半分程度の速度を推奨)
リトラクション量:0.5-2.0mm(一例)
リトラクション速度:20-100mm/s(一例)
リトラクション(フィラメントの引き戻し)を過剰に設定するとノズル詰まりにつながるため注意が必要です。
ラフト:TPUは反りが少なく、ラフトが剥がれにくいためおすすめしません。
ブリム:TPUがプラットフォームから剥がれる場合は、こちらのブリムで密着性を上げる事をおすすめします。
スカート:最初の漏出具合を確認するために設定することをおすすめします。ブリムがあれば特に必要ないと思われます。

長所

・弾力性、伸縮性に優れる
・反りと収縮が少ない
・耐薬品性に優れる
・耐衝撃性に優れる
・振動減衰に優れる

短所

・初心者には印刷が少し難しい
  スライスの設定で注意する点がいくつかあるので慣れるまでは多少時間がかかります。
・糸引き、ノズルの詰まりが発生しやすい
・吸湿性が高い
・低速で印刷する必要がある
・後処理がしにくい

・ボーデン式のエクストルーダには向かない

主な用途

クッション部、ホルダー、カバー、ケースなど

TPUフィラメント使用時のトラブルシューティング

TPUフィラメント造形時の糸引き対策
TPUフィラメントが造形中に剥がれる場合の対策