フィラメントのメーカー&使用感のメモ。オススメフィラメントの情報も記載

未分類

こちらの記事では今まで使用したフィラメントのメーカー情報と実際の使用感を随時記録していきます。

スポンサーリンク

メーカー情報と所感

Polymaker

中国の上海に本社があるグローバルな大手フィラメントメーカーです。
2013年からフィラメントの研究を始め、今では世界的にも有名なフィラメントメーカーとして浸透しています。
PolyLiteシリーズは業務向けの品質・価格となっていますが、PolyTerraシリーズは安価で使いやすい普段使いできるフィラメントなのでオススメです。

筆者が実際に使用した型番

【PolyLite】
・ABS ホワイト
・ABS ブラック
・ABS グレー


【PolyTerra】
・PLA Arctic Teal

いずれも使いやすくて品質も安定しています。
PolyLiteは表層も綺麗に仕上がり、寸法安定性にも優れています。

OVERTURE

アマゾンで購入できる一番コストパフォーマンスが優れたフィラメントだと思います。
安い上に品質も安定しており、アマゾンで購入すれば翌日には届くので非常に重宝しております。
スプールもダンボールで出来ており、廃棄が楽です。

筆者が実際に使用した型番

・PLA ベーシックブラック
・PLA ホワイト
・PLA オレンジ
・PLA ピンク
・PLA マットライトブルー
・PLA マットライトグレー
・PLA マットライトブラウン
・PLA シルクグリーン
・PLA+ ライトグレー
・ABS ブラック
・ABS ホワイト
・PETG 透明


癖が無くて非常に使いやすいです。
なんせコスパがいいので初心者にもヘビーユーザーにもおすすめできます。
PLA+だけ少し癖があってベッド定着が悪い印象です。

SainSmart

安価で品質の良いTPUフィラメントといえばSain Smartです。
フィラメントだけでなく、CNCルーターや”はんだごて”なども作っている会社です。

2022年5月頃はAmazonで3,500円で購入できましたが、たまに価格が不安定な時があるのでセールで買うといいかもしれません。

筆者が実際に使用した型番

・TPU 95A 黒
・TPU 95A 透明
・TPU 95A オレンジ


造形難度もそれほど高くなく、しっかりとゴム質を再現してくれます。
カラーバリエーションもそこそこあるので、今後は違う色を試してみようかと思います。

RepRapper

2012年からフィラメント製造を手掛けるメーカーです。
入手性もよく、価格も安く品質も悪くないので、バランスのとれたフィラメントだと思います。

筆者が実際に使用した型番

・PETG ブルー
このブルーは半透明です。不透明が良い場合はSUNLUのブルーがお勧めです。

まだPETGしか使用しておりませんが、安定して出力できていますので今後はPLAなども試してみようかと思います。

SUNLU

2013年に中国の珠海に設立された3Dプリンタ周辺機器&フィラメントのメーカーです。
フィラメントドライヤーなども製造しており、筆者も使用しています。

筆者が実際に使用した型番

・PLA+ グリーン
・PETG ブルー

このブルーは不透明です。
・PETG 透明


こちらも癖がなく、安価で使いやすいフィラメントです。

IEMAI

筆者が実際に使用した型番

・PLA+CF

eSUN

eSUNは中国の深圳にあるShenzhen Guanghua Weiye社が開発するフィラメントブランドです。
再生可能資源を使用した環境に配慮したプラスチック材料の研究開発に力を入れているようです。

筆者が実際に使用した型番

・PETG 白
OVERTUREのPETGと比べると、こちらの方は造形前のビニル感が強いです。

TINMORRY

筆者が実際に使用した型番

・ABS グレー
・ASA ブラック

価格と在庫不安定です。一時期はAmazonで手に入るASAの中で一番安かったです。

Gymwebeek

筆者が実際に使用した型番

・PLA蛍光フィラメント
紫外線を吸収させると暗闇で発光します。面白いです。

Pxmalion

・PLA Wood
こちらは思ったほど木っぽくはならなかったです。ノズル詰まりは特に発生せず。