【3Dプリンタ】スライサーソフトとは 意味や役割を解説

スライサーソフトとは?

スライサーソフトは、STLなどの3Dデータを3Dプリント用のデータ(Gコード)に変換するソフトです。

スライサーソフトには様々な種類があり、3Dプリンターを購入したときに付属してくるものもあります。無料ソフトで十分な機能を持っているものも数多くあります。

STLデータとは?
 3DCADソフト用のファイルフォーマットの一つで「3次元の立体形状」を「三角形のポリゴンの集合 」で表現するデータです。

スライサーソフトの主な役割

  • STLデータなどを3Dプリンタで出力可能なデータ(Gコード)に変換する
  • ラフト、サポート材を設定する
  • 層の厚さや造形精度を調整する
  • インフィル(充填率や内部形状)のパラメータを設定する