【ステンレス】SUS420J2(マルテンサイト系ステンレス)とは 特徴、性質など解説

SUS420J2 金属材料

SUS420J2 特徴

SUS420J2はマルテンサイト系のステンレス合金で、焼入れによって硬度を上げる事ができるステンレスです。

マルテンサイト系ステンレスとは、常温でマルテンサイトを主成分とする組織を有しているステンレスです。炭素を含有しているためオーステナイト系ステンレスよりも耐食性は劣ります。

SUS420J1との違いは?

類似の材料でSUS420J1というものがありますが、SUS420J2の方が炭素を多く含むため熱処理後の硬度が高いです。

SUS420J2の長所

  • 硬度を上げることができる
     SUS304などのステンレスと違い、熱処理をすることによって硬度を上げることができます。

SUS420J2の短所

  • 他の種類のステンレスより耐食性が若干劣る
     炭素を含有しているため、耐食性が少し劣ります。

処理方法について

  • 焼入れ
     焼入れによってHRC50程度の硬度を得る事ができます。

参照

“JIS G 4303 ステンレス鋼棒 “.日本産業標準調査会.2022-02.https://www.jisc.go.jp/index.html