【用語集】3Dプリンタ・CAD

3Dプリンタ,CADにまつわる用語一覧です。(随時更新中)

[あ行]
・アセンブリ
  2つ以上の部品を一体にする作業.
・厚み付け

  ソリッドモデルの面をオフセットし、厚みをつけること.
・アノテーション

  あるデータに対して、注釈として付与した情報.  
・押し出し

  「線やプロファイル」を面直方向に平行移動した軌跡に形状を作成する機能.
・オフセット

  既存のオブジェクトに対して平行なオブジェクトを作成する機能.
・オブジェクト
  「操作できる形状」をもつもの.線,文字,図形など
[か行]
・カーネル(モデリングカーネル)

  3D形状を表現するための核となる部分.3DCADの心臓であり、パソコンでいうOSに相当する.
・回転

  ある軸を中心とし、プロファイルなどを回転させた軌跡で形状を作成する機能.
・干渉チェック

  3Dモデル同士が互いに干渉しあっていないかをチェックする機能.
・幾何拘束

  要素間の幾何学的な関係を決定するための要素.ex平行や垂直など.
・幾何要素

  点や線が幾何学的にどのような形状をしているかを示す要素.
・機構解析

  機械システムに対し運動や荷重などの情報を加え、挙動を解析するシミュレーション.
・グレゴリ曲面

  曲面間の接続性に優れたパラメトリック曲面.
・グローシェーディング

  物体の表面における光と色の変化をシュミレートするシェーディング方法.
・公差
  寸法精度を制御する許容値.
・合成曲線
  異なる平面上にある2つの曲線から1つの曲線を作成する機能.
・固有値解析

  構造が持っている振動的な特性「固有周波数」を求める解析.
・コンカレントエンジニアリング

  製品開発を「同時並行的」に行う開発手法.
[さ行]
・サーフェスモデル
  「頂点と頂点を結ぶ稜線と面」で表現されたモデル.
・サブユニット

  製品を構成する単位.
・シェーディング

  光の角度と光源の位置関係などをもとに陰影をつけ、物体を立体的に表現するレンダリング処理.
・シェル

  指定した肉厚をもとに「ソリッドモデルの中身を除去」する機能.
・靭性(じん性)
  材料の粘り強さ.外力によって破壊されにくい性質.
・スイープ(掃引)
  プロファイルなどを軌道に沿って移動させ、その軌跡で形状を作成する機能.
・スケッチ

  プロファイルを作成するための平面的な描画機能.
・スケッチ型フィーチャ
  「スケッチなどで作成した平面の形状」を押出して立体形状を作成したものを指す.
・絶対精度

  モデリング精度の1つ.「モデルサイズに関係なく決まっている最小距離」の値.
・脆性

  材料に外力を加えたとき、変形せずにすぐ破壊されてしまう「脆さ」を表す性質.
絶縁性
  電気を通しにくい性質.
・線膨張係数
  温度1℃の変化に対する材料の伸縮率.
・相対精度
  モデリング精度の1つ.「モデルサイズの大きさに比例して変化する最小距離」の値.
・ソリッドモデル

  内部に情報を持った三次元のモデル.各面は閉じられており、体積の情報をもつ.
[た行]
・ダイレクトモデリング

  モデリング手法の1つ.ソリッドモデルを直接編集していく履歴の残らないモデリング.
・耐熱性
  高温に耐え、変質しない性質のこと.
・耐摩耗性

  摩耗に対する耐性.
・テーパー
  先細りになっている「円錐形状」
・デザインレビュー(DR)
  製品の設計~販売に至るプロセスに置いて、要求条件を満たすか評価・検討するもの.
・トポロジー

  3次元形状の要素における相互の結合関係に関する情報.
・トリム

  指定した線などの一部を除去する機能.
・トレランス

  2つの点間における距離の許容誤差の範囲.
[な行]
・並目ねじ
  標準的な”ねじ山”のピッチ規格.
・抜き勾配
  「射出成型などで作成した製品」を型から取り出しやすくするために設ける「製品の勾配形状」.
熱溶解積層方式(FDM)
  熱可塑性樹脂を熱で溶かし積層していく3Dプリンタの造形方法.
[は行]
・ハイエンド3DCAD

  高機能かつ高価格の3DCAD.
・パラメトリックモデリング

  モデリング手法の1つ.形状を成立させる情報や手順を履歴として保存しながら行うモデリング.
バリ
  材料を製造した際にできる隅部の突起.ギザギザの出っ張り.
・光造形方式
  3Dプリンタの出力方式の1つ.光硬化性の樹脂を用いて積層造形する方法.
・比重
  ある物質の密度と、標準物質との「密度の比」.固体、液体に対する標準物質は水.
・フィーチャ
  ソリッドCADにおいて形状を作成する最小単位.スケッチ型と編集型がある.
・フィレット

  3次元モデルの角を丸める機能.
・ブーリアン演算

  2つのソリッドモデルから新たなモデルを作成する機能.和・差・積集合がある.
・フォンシェーディング

  ハイライトが表現できる滑らかなシェーディング方法.
・フラットシェーディング

  法線ベクトルと光源の関係によって明るさを決めるシェーディング方法.
・プロッタ

  CADで作成した図面を紙に出力するための装置
・プロファイル

  円や線などの2次元の要素で作図された輪郭形状.
・ベクタデータ
  複数の点と線によって数値で制御された画像形式.
・編集型フィーチャ
  「既存の立体形状」に対して面取りなどで編集したフィーチャのことを指す.
・ポリゴン

  3次元形状を表現するときに使用する最小単位の多角形.三角形が多い.
[ま行]
・マスプロパティ
  3次元モデルにおける、質量や重心などの計算情報.
・ミッドレンジ3DCAD
  ハイエンドには劣るものの、汎用的で中程度な価格の3DCAD.
・ミラー

  「選択した要素や形状」を「指定した面を対象」に「複写」する機能.
面取り

  工作物の角を斜めに落とす加工.
[や行]
・有理ベジェ曲線
  円弧などの2次曲線を正確に表現できる曲線の形式.
[ら行]
・ラスタデータ
  格子状に並んだピクセルによって表現された画像データ.
・リバースエンジニアリング
  現物をもとに形状データを測定し、それを元に3Dデータなどを作成するデジタル化の手法.
・リブ(補強)
  板や肉薄部を補強するために設けられる出っ張り形状.
・履歴
  モデリング手順や操作手順をシステムが記憶したもの/
・ルールド

  2本の線分または曲線間に曲面を作成する機能.
・ロフト

  複数の断面形状を選択し、それを補完する曲面を作成する機能.
[わ行]
・ワイヤーフレームモデル
  線の組み合わせのみで構成されたモデル.面や立体をもたない.
[A]
・AM(Additive Manufacturing)
  3Dデータを元に粉末材料を積層して形状を作成する製造方法.
・ANSI(American National Standards Institute)

  アメリカ規格協会  
・AR(Argmented Reality=拡張現実)

  現実空間にデジタル情報を付加することで、現実世界を拡張する技術.
・ASTM
(American Society for Testing and Materials International)
  米国材料試験協会.
[B]
・BOM(Bill Of Materials)
  製品を製造するのに必要な部品などを表形式またはツリー形式に記した部品表.
・BPR(Business Process Re-engineering)

  業務、組織、戦略を抜本的に見直し再構築することを目指す考え方.
・B-reps(Boundary-representation)

  立体を構成している境界面で表現するソリッドモデルの表現法.
・B-スプライン曲線

  「制御点」と「ノット」によって定義されるパラメトリック曲線.
[C]
・CAD(Computer Aided design)
  コンピュータ支援設計.
・CAE(Computer Aided Engineering)

  コンピュータを利用した解析シミュレーション.主に生産性や品質向上を図る.
・CLデータ

  CAMから出力される工具の動きなどを記述したデータ.
・CSG(Constructive Solid Geometry)

  直方体や円柱などの基本立体と、集合演算子によって構成される式で立体を表現する方法.
[D]
・DMU(Digital Mock-Up=デジタルモックアップ)
  実際に試作品を作成することなく、3Dデータでデザインの検証などを行う技法.
・DTPD(Digital Technical Product Documentation)

  デジタル製品技術文書情報.
・E-BOM(Engineering Bill Of Materials)

  製品のアセンブリや部品の構成を定義した部品表.
・ERP(Enterprise Resource Planning)

  企業内の経営資源を統合的に管理する概念.
[I]
・IGES(Initial Graphics Exchange Specifications)
  異なるCADシステムにおいてデータをやり取りするための中間ファイル形式.ANSI規格の標準.
[M]
・MR(Mixed Reality)
  複合現実. VRとARを組み合わせたような技術.  
[P]
・Parasolid
  SolidWorksやNXに使用されているソリッドモデリングカーネル.  
[S]
・SCM(Supply Chain Management)
  材料の調達から販売に至るプロセスの情報を統合管理・共有すること.
[数字]
・2次元CAD
  2次元の平面で図面を作成するCAD.
・3次元CAD

  XYZの3軸で立体形状を作成するCAD.
・3次元レーザースキャナ

  レーザーを用いて対象物の形状データを取得することができる計測器.
・3Dプリンタ

  3次元CADで作成したデータを元に、3次元形状モデルを造形する装置.