【ダイス鋼】DC53とは 特徴、性質やSKD11との違いを解説

DC53 金属材料

DC53は、大同特殊鋼が開発したSKD11改良系の汎用冷間ダイス鋼です。
靭性に優れ、焼入れ後はHRC60程度の硬度を誇ります。

長所・メリット

  • 靭性に優れている
  • 耐摩耗性に優れている
  • 被切削性に優れている
     完全球状化焼きなましが施されており、被切削性に優れています。

SKD11との違いは?

  • DC53の方が耐摩耗性、靭性に優れている
     DC53は熱処理後の耐摩耗性が優れており、靭性はSKD11の2倍程度の数値を誇ります。
  • SKD11の2倍の靭性を誇ります
     SKD11に比べ、約20%疲労強度に優れております。

処理方法について

  • 焼入れ
     主に金型に使用されるので通常は熱処理を施します。焼入れによってHRC60~62程度の硬度を得る事ができます。


※当ページの情報は材質の成分や性質を保証するものではありません。
 詳細情報、最新情報については大同特殊鋼のホームページをご確認ください。