【アルミ合金】A2017とは 特徴や性質を解説

A2017 金属材料

A2017 特性

A2017とは「ジュラルミン」とも呼ばれるアルミ合金で、A5052よりも強度に優れております。
「銅とマグネシウム」を含有している2000系(Al-Cu-Mg)のアルミ合金であり、鉄鋼に匹敵する強い強度を持っています。
身近なものですと、ジュラルミンケースなどに使われています。

加工方法について

  • 切削加工 ◎
     切削性は良いですが、銅を含有しているためA5052と比べると加工性は若干劣ります。
    また、内部応力が高いため、高い精度を出すにはA7075等の材料の方がオススメです。
  • 溶接 ×
     銅を含有しているため溶接性は悪く、割れの可能性も高いため溶接には適しておりません。
    不可能というわけではありませんが、溶接が必要な場合は5000系のアルミなどで検討した方がいいでしょう。

表面処理について

  • アルマイト
     A2017は銅成分を含んでいるため酸化しやすいです。そのため腐食を防止するためにはアルマイト処理をオススメします。
  • ヘリサート
     ある程度強度があるため、ヘリサートによるネジ山補強の必要性は低いといえます。