【アルミ材料】A6061とは?A6063、A5052との違いや特徴、使い分けなどを解説

金属材料

A6061は、アルミ(Al)とマグネシウム(Mg)とシリコン(Si)との合金です。
アルミ合金の中で特に耐食性に優れています。
時効によってかなり高い耐力値を得られますが、溶接性に劣ります。

化学成分(%)
引張強さ(N/mm2)耐力(N/mm2)
A6061-T6260以上240以上
A6063-T6205以上170以上
A5052-H112175以上70以上
A7075-T6540以上480以上

A6061の長所・メリット

  • 耐食性が良い
     A5052よりも耐食性に優れています。
  • 耐力が比較的大きい
     時効硬化によって、A5052よりもかなり高い耐力を得る事ができます。
     

A6061の短所・デメリット

  • 表面が傷つきやすい
     鉄系材料と比べて表面が傷つきやすいため、製品などに採用する場合はアルマイト処理をオススメします。

A6061とA6063の違いは?

A6063は代表的な押出しアルミ合金です。A6061より強度は低いですが、押出し性に優れ、耐食性、表面処理性も良好です。建築用材や家電製品などにも用いられます。
また、A6063には板材の規格がありません。丸棒はA6061とA6063のどちらにもありますが、パイプ・アングル・角棒などはA6063しか存在しません。

A6061の用途

リベット用材、ボルト材、自動車部品

スポンサーリンク

表面処理 アルマイトについて

  • アルマイト
     アルマイトとは人工的に酸化被膜を生成する処理で、耐食性や強度をあげるために用いられます。値段も安価で、A6061には多く採用されているのでオススメの処理です。
    また、黒アルマイトやカラーアルマイトによって、色を付けることも可能です。
    詳細はこちら→アルマイトとは
  • ヘリサート
     ヘリサートとは、ステンレスでできたコイル状の部品であり、アルミなど軟質材のタップ穴に挿入して使用します。A6061の場合メネジの耐久性が弱いため、相手部品が鉄やSUSの場合はネジ山が負けてしまう恐れがあります。そのため、ステンレスでできたヘリサートを使うことによって、ネジ山が潰れることを防ぐことができます。

Raytech(レイテック)ではアルミ加工部品も対応致します。

Raytechでは、マシニング加工・旋盤・研削・溶接といった加工から熱処理・めっきなどの後処理まで一括して引き受けます。
図面データを送ってご発注いただければ、材料手配から検査梱包までお任せください。

まずは無料見積もりから、お気軽にお問い合わせください。

参照

”JIS H 4000:2017 アルミニウム及びアルミニウム合金の板及び条”.日本産業標準調査会.2022-02.https://www.jisc.go.jp/index.html
”JIS H 4040:2015 アルミニウム及びアルミニウム合金の棒及び線”.日本産業標準調査会.2022-03.https://www.jisc.go.jp/index.html