【プリハードン鋼】PXA30とは P20やPX5との違い、特徴などを解説

PXA30 プリハードン鋼

PXA30 特徴

PXA30(ピーエックスエース)は大同特殊鋼が開発したプリハードン鋼です。
同社の「P20改良鋼」をベースに磨き性などを改良し、開発された材料です。
納入硬度はHRC30~33程度です。

そもそもP20とは?

P20とは米国鉄鋼協会(AISI)の材質規格であり、日本ではSCM(改)に相当します。
主にプラスチック金型用に用いられます。

PX5とは?PXA30との違い

どちらも大同特殊鋼が開発した「SCM系の改良鋼」ですが、PXA30の方が後に開発された材料です。
しかし現在、同社のホームページにはPX5の記載がなく詳細情報を得ることができません。

PXA30は『P20改良鋼をベースとし、製造方法を見直すことで材料の介在物(酸化物などの不純物)を減らした材料』とのことです。この「P20改良鋼」の部分が「PX5」を指すかは定かではありませんが、現在はPXA30が商品としてラインナップに上がっております。

PXA30の長所

  • 鏡面品質が安定している
     介在物が少ないため、磨き性が良好です。
  • 放電加工性が良好
     放電加工後の硬化層が薄いです。


※当ページの情報は材質の成分や性質を保証するものではありません。
 詳細情報、最新情報については大同特殊鋼のホームページをご確認ください。