【ステンレス鋼】SUS440Cとは 性質や特徴、SUS440A,Bとの違いを解説

金属材料
SUS440C

SUS440Cの特性

SUS440Cはマルテンサイト系のステンレスに区分され「熱処理後はステンレス系の中で最高の硬度」を誇ります(HRC58程度)。SUS440には炭素量の区分によってA,B,Cの3種類があり、その中でもCが一番炭素量の多い材質となっています。

SUS440A,SUS440Bとの違い

前述のようにSUS440は炭素量の区分によって分けられています。
・靭性 SUS440A>SUS440B>SUS440C
・硬度 SUS440C>SUS440B>SUS440A
という違いが挙げられます。

SUS440Cの長所

  • 錆びにくさと高硬度を両立できる
     最大の特徴は何と言っても熱処理後の硬度です。そこにステンレスの「錆びにくい」という特徴が組み合わさることで、様々な部品の材料として活躍させることができます。

SUS440Cの短所

  • SUS304等に比べ耐食性は若干劣る
     SUS440Cは炭素量が多いためSUS304など他のステンレスと比べると耐食性は劣ります。しかし、通常の焼入れ鋼よりは耐食性に優れております。

SUS440Cの用途

「硬度があり、錆びにくい」という特徴があるため、主にナイフ等の刃物やゲージ・ノズル等に使われています。

加工方法について

  • 切削加工 △
     ステンレス全般に共通する特徴ですが、硬く粘りがあり放熱性が悪いので切削加工はしにくい部類の材料といえます。

処理について

  • 熱処理
     熱処理によって硬度を得ることがSUS440Cの最大の特性を活かす方法でもあるので、熱処理は必須と言っても過言ではないでしょう。