【銅合金】砲金、青銅鋳物とは CAC,BCの意味、特徴、性質など解説

砲金 金属材料

砲金とは錫(Sn)を10%前後含む銅合金で、「砲金」は青銅鋳物の古い呼ばれ方です。
CAC403やBC3、BC6なども砲金の一種です。

砲金の種類

砲金(青銅鋳物)は含有成分の量によって分類されます。

「BC表記とCAC表記」の違いは「旧JIS・新JIS」の違いのみです。
CACが新しい表記ですが、現在もBC表記の図面が多く残っています。
また、一般的にはBC3・BC6が多く流通しています。

新JIS記号旧JIS記号Cu(%)Sn(%)Zn(%)Pb(%)残(%)
CAC401BC179.0~83.02.0~4.08.0~12.03.0~7.0≦1.62
CAC402BC286.0~90.07.0~9.03.0~5.0≦1.0≦1.47
CAC403BC386.5~89.59.0~11.01.0~3.0≦1.0≦1.47
CAC406BC683.0~87.04.0~6.04.0~6.04.0~6.0≦1.57
CAC407BC786.0~90.05.0~7.05.0~7.01.0~3.0≦1.47

なぜ砲金と呼ばれる?

かつて錫10%程度の銅合金が大砲の鋳物として使われていたことから、砲金と呼ばれるようになりました。ガンメタルとも呼ばれます。

砲金の長所

  • 鋳造が容易
  • 耐摩耗性に優れている
  • 耐食性に優れている
     主に配管パイプなど、水道周りの部品に使われます。

砲金の短所

  • 材料費が高い
     真鍮などの銅合金と比べると、材料費が高いです。