HPM1とは? プリハードン鋼であるHPM1の特徴、性質やNAK55との違いなど解説

HPM1 プリハードン鋼

HPM1は、日立金属工具鋼(株)の汎用金型用鋼です。
HRCが40程度あるプリハードン鋼で切削性に優れております。
日立のハイピーエムシリーズなので「ハイピーエム」とも呼ばれます。

プリハードン鋼とは? → プリハードン鋼について

HPM1 特徴

HPM1は日立金属工具鋼(株)が開発した「Ni-Al-Cu系のプリハードン鋼」で、HRC40程度の硬度を得ております。また、S(硫黄)を0.1%程度含有しており被削性に優れております。

HPM1の長所

  • 被切削性が良い
  • 焼き入れ処理が不要
     初めからHRC40程度の硬度が入っているため、S45Cなどのように焼き入れする必要がなく、納期短縮や精度安定にも繋がります。
  • 溶接性が良い
  • 放電加工性が良い
     ワイヤーカット後に硬化層が形成されないため、研磨仕上げも良好です。
  • サイズが大きくても内外の硬度が均一

HPM1の短所

快削成分(S:硫黄)を0.1%程度含有しているため「精密なシボ加工や鏡面加工」には向きません。ちなみに同じHPMシリーズで鏡面仕上げに向いているのは「HPM38」等です。

NAK55との違いについて

NAK55は大同特殊鋼株式会社のブランド鋼です。成分的には似ている部分が多いですが、HPM1の方が銅の添加量が多いです。銅の添加は耐食性や耐候性の向上に寄与します。

加工方法について

  • 切削加工◎
     快削成分を含有しているため、切削が良好です。
  • 放電加工◎
     放電加工後の表面硬化層が形成されにくく、仕上げ加工が楽です。
  • 溶接◎
     肉盛り溶接が容易にできます。

処理について

  • 無電解ニッケルメッキ◎
  • ハードクロムメッキ◎
     メッキの被膜によって表面の硬度を上げることができます。
  • 窒化◎
     窒化によってHRC60程度まで硬度を上げることができます。
  • 焼入れ×
     時効硬化処理系の合金のため、焼入れで硬度を上げることはできません。