【プリハードン鋼】NAK55とは?時効硬化系合金であるNAK材の特徴、性質など解説

NAK55 プリハードン鋼

NAK55は、大同特殊鋼のプラスチック金型用鋼です。
HRCが40程度あるプリハードン鋼のため、加工後の焼き入れ処理などが不要です。
”ナック材”とも呼ばれます。

プリハードン鋼とは? → プリハードン鋼

NAK55 特徴

  • Ni-Al-Cu系時効硬化型
     NAK55は大同特殊鋼が開発したプリハードン鋼であり『Feを主成分としNi(3%)Al(1%)Cu(1%)S(微量)』から構成されています。時効硬化処理をすることによって均一にHRC37~43程度の硬度を得ております。被削性が良く、主に精密プラスチック金型に使われています。

    JISにおける同等の規格はありません。
    成分的に近いのはASTM(米国試験材料協会)規格の”P21″です。

NAK55の長所

  • 被切削性が良い
  • 磨き性が良い
  • 耐食性が良い
  • 焼き入れ処理が不要
     初めからHRC40程度の硬度が入っているため、S45Cなどのように焼き入れする必要がなく、納期短縮や精度安定にも繋がります。
  • 溶接性が良い
  • 放電加工性が良い
     ワイヤーカット後に硬化層が形成されないため、研磨仕上げも良好です。

NAK55の短所

  • ブランド鋼のため、材料の形状やサイズが限られている
     極端に大きいサイズなどの場合はメーカーへの問い合わせが必要になってきます。

NAK55とNAK80、HPM1との違い

  • NAK80との違い
     NAK80とNAK55の違いはS(硫黄)の有無です。NAK80は硫黄を含有していないため、被削性はNAK55に若干劣りますが、鏡面磨き性が勝っています。
  • HPM1との違い
     HPM1は日立金属工具鋼(株)のブランド鋼です。成分的には似ている部分が多いですが、HPM1のほうが銅の成分量が多いです。銅は耐食性や耐候性の向上に寄与します。

加工方法について

  • 切削加工◎
     被削性は良好で、SCM440よりも遥かに優れています。
  • 放電加工◎
     放電加工後の硬化層が形成されないため、仕上げ加工が楽です。
  • 溶接◎
     肉盛り溶接が容易にできます。

処理について

  • 無電解ニッケルメッキ◎
  • ハードクロムメッキ◎
     メッキの被膜によって表面の硬度を上げることができます。
  • 窒化◎
     ガス軟窒化などでHRC60程度まで上げることができます。
  • 焼入れ×
     時効硬化処理をしているため、焼入れで硬度を上げることはできません。

参照

“プラスチック金型用鋼”.大同特殊鋼.2022-02.https://www.daido.co.jp/products/tool/pla/index.html

Raytech(レイテック)では機械加工部品の受託を行っています

Raytechでは、マシニング加工・旋盤・研削・溶接といった加工から熱処理・めっきなどの後処理まで一括して引き受けます。
図面データを送ってご発注いただければ、材料手配から検査梱包までお任せください。

NAK55の加工対応も行っております。

まずは無料見積もりから、お気軽にお問い合わせください。