【アルミ材料】A5052とは 汎用性の高いA5052の特徴や性質、A5056との違いなどを解説

A5052 金属材料

A5052は、アルミ(Al)とマグネシウム(Mg)との合金です。アルミ合金の中で非常に加工がしやすく汎用性が高いので、最も多く使われている材料です。

スポンサーリンク

A5052 特徴

5000系(Al+Mg)のアルミ合金

アルミ合金にはA5052の他に、A2017、A6063、A7075など様々な種類があります。
その中でもA5052はマグネシウム(Mg)との合金であり、耐食性や強度が向上しております。
加工性に優れた汎用性の高い材料です。

強度について

A5052の引張強さは260N/mm^2程度であり、他のアルミ合金と比較すると中程度の強度といえます。代表的なアルミ合金を強度が強い順に並べるとA7075>A2017>A5052>A6063>A1100
高い強度を求める場合はA7075やA2017のジュラルミン系アルミ合金を選択したほうがいいでしょう。

A5052の長所・メリット

  • 耐食性が良い
     アルミ合金は表層に酸化皮膜を形成しているため、耐食性に優れています。また後述のアルマイト処理によって耐食性をさらに向上させることが可能です。
  • 切削性が良好
     マグネシウムとの合金なので、切削性に非常に優れています。
  • 表面状態が良好
     A5052は表面状態が良好なので、厚み精度が厳しくなければ4F材をそのまま使用しても外観に問題がありません。6F材、4F材とは?
  • 溶接が可能
     A5052は溶接がしやすい材料と言えます。ジュラルミンなどの溶接性に劣る材料と比べて優位性があります。

A5052の短所・デメリット

  • 表面が傷つきやすい
     鉄系材料と比べて表面が傷つきやすいため、製品などに採用する場合はアルマイト処理をオススメします。

A5052とA5056の違いは?

A5052とA5056の主な違いはマグネシウムの含有量です。A5056の方がマグネシウム含有量が多いので、切削性が若干高くアルマイトの仕上がりもいいですが、溶接性に劣ります。
また、一般的に丸棒に多いのがA5056板材に多いのがA5052です。

加工方法

  • 切削加工
     A5052は熱伝導性もよく被切削性も非常に優れているので、SS400などの鉄よりも切削加工がしやすいです。また、高速切削も可能なため作業時間も短縮できます。
  • レーザー加工△~○
     アルミは鉄やステンレスと違い、レーザー光の反射率が高いためレーザー加工にはそこまで向いておりません。加工機の出力にもよりますが、厚み5~6mm以下程度なら問題なく加工できる場合が多いかと思われます。
  • 曲げ加工○
     A5052は比較的柔らかいので曲げ加工についても可能ですが、板厚や長さの条件によって、曲げ時にクラックや割れが発生する場合もありますので注意が必要です。
  • 溶接○~◎
     A5052は溶接性が高いので、溶接に向いています。ただ、鉄と違って母材に熱が伝わりやすいため、ある程度経験を積んでいないとアルミの溶接は難しいと言えます。

表面処理 アルマイトについて

  • アルマイト
     アルマイトとは人工的に酸化被膜を生成する処理で、耐食性や強度をあげるために用いられます。値段も安価で、A5052には多く採用されているのでオススメの処理です。
    また、黒アルマイトやカラーアルマイトによって、色を付けることも可能です。
    詳細はこちら→アルマイトとは
  • めっき
     A5052に施す処理として一般的なのは前述のアルマイトですが、無電解ニッケルメッキなども可能です。均一な膜厚を施しつつ、500HV程度の硬度を得ることができます。
  • ヘリサート
     ヘリサートとは、ステンレスでできたコイル状の部品であり、アルミやMCナイロンなど軟質材のタップ穴に挿入して使用します。A5052の場合メネジの耐久性が弱いため、相手部品が鉄やSUSの場合はネジ山が負けてしまう恐れがあります。そのため、ステンレスでできたヘリサートを使うことによって、ネジ山が潰れることを防ぐことができます。
  • 塗装
     通常の焼き付け塗装は問題なく、密着性もよいです。ただ、アルミの光沢を最大限に活かしたい場合は先述のカラーアルマイト処理をオススメします。